• TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > 初めての方へ

東京 朝日 初めての方へ 代表 伊藤稔よりのメッセージ

チェーン店経営において毎年利益更新を目指している方へ

ようこそ当ウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。

株式会社レイブンコンサルティング代表の伊藤です。

このページをご覧いただきありがとうございます。

当社は日本で唯一、「チェーンストアの個店を強くし利益更新をする」ことに特化したコンサルティングを行っております。

少々長くなりますが、まずは当社の考え、そして事業に対する想いを理解いただきたいので、どうか最後までお読みくださいますようお願いいたします。

まず、我々の目指しているところは「チェーンストアの発展貢献」ということです。

チェーンストアは、リーマンショック以降、労働人口減、少子高齢化と環境が変わる中、「上がるコストに伸び悩む売上」といった状況が長く続いています。日本経済が中長期的に繁栄していくためには、その要となる国内チェーンストアの発展と成長が欠かせません。

日本でチェーンストアが誕生して半世紀が経ち、インターネットの普及とともにグローバル化が進み、今まで想像もしなかった企業が、競合となる時代に突入しています。これまでのスタイルで出店や改装を重ねても、この先伸ばすことは可能なのだろうか?という現実問題に直面していると言えます。

そういった中で、店舗生産性に目を向けてみると、小売業の労働生産性の改善を進める、有益な情報は極めて乏しいといえます。

端末などの機器は買い替えることは出来ても、人に関わる接客・商品の売り方、サービスのあり方、品出しの仕方といった運営方法は買い替えることはできません。

人時生産性を引き上げていくためには、個人依存した店舗経営を見直し「特長ある経営」に変換させることといえます。

「特長ある経営」が出来ない、ということは、言い方を変えれば競合が増えるなかで、さらなる消耗戦を続けていくということです。

日々の忙しさから、こういったことは、どこのチェーンでも気づいていても、中々手が付けられていないのが実情です。

社内改革に取組んで特長を出すことが、有力な武器になることは明らかなのに、その具体的手法が見つからない。下手にやると効果が出せず、士気も落ちてしまうのでは?といったリスクや問題があるからといえます。

レイブンコンサルティングの仕事は、「忙しくてやりたいけども今まで手が付けられていない」と考えらておられる経営者の方のために、儲かるチェーンとなる店舗運営のあり方から、実務に沿ったことまでを体系化し、ノウハウとして提供させていただきます。

コストカットだけの改善はやりません!

利益を更新し続けるには、売上を上げる。経費を下げる。あるいは売上を上げつつ経費を下げるというようにいくつかの方法がありますが、一つだけ絶対にやってはならないことがあります。

何でもコストカットだけを目的としたやり方です。

なぜコストカット目的型はだめなのでしょうか?

私は世界最大のチェーンの最先端でその切り込み隊長を長年やってきたのですが、そこには大きな落とし穴がいくつもあります。勿論切り抜ける方法はあるのですが、一旦そこに足を踏み入れますと、そこから抜け出すには想像以上の時間を要するからです。

わかりやすい例の一つに 会社全体の士気が下がり「つまらないお店」になっていき優秀な人材が会社を辞めていきます。コストカットは短時間で実行すれば結果も早く得ることができますが、長い時間かけて開発した人材や育成してきた士気、蓄積されたノウハウも瞬時に失うこととなります。

二点目には戦略コストまでもが削られ、その結果、新しい発想がでなくなり、考えない社員が増殖します。

三点目には恒常的な問題として、コストを下げて価格競争をやったとしても、大手チェーンやインターネット通販の価格に対して中堅チェーンに勝ち目はないということです。

そういったことと幾度も対峙しながら、試行錯誤を繰り返してきた一つの結論として、店舗の体力を消耗しながらやるやり方ではなく、逆に店舗に力をつけ儲けるしくみを設定してから、ムリ、ムダ、ムラになっている部分の見直し、収益拡大ノウハウ先行でコンサルティングを提供しています。

各々の潜在的ノウハウ、眠れる資産を活かす

私は外資系総合小売の中で、30年間勤めた中で、店舗運営統括、店舗企画といった現場の実意思決定を行う部門で15年以上携わってきました。

本体は米国を中心に世界数十カ国にグローバル展開する企業で、一つ一つの業務目的が明確化され、全てがシンプルで簡潔化された、いわゆる世の一般的な企業とは一線を画した存在です。

世界各国のグループ会社のノウハウは優れたものもありますが、一つ一つは微妙に違い、まさに千差万別です。

こういった各国の方々のノウハウ特長を活かし 経営や現場にカタチにして説明をし活用し結果をだすにはどうすればいいか」、日夜、奮闘してきました。

店舗運営の現場での対応力には「戦略と実務力」が必要なことは言うまでもありませんが、店舗への期待とお客様からの声を活かし、それを営業力の工夫に結びつけることに智恵を絞ってきました。

お客様は第一といいながらも、それを具体的なカタチにしている店は少ない中、コンシェルジュの人員配置や商品紹介、季節感を重視した販売方法、地域密着型の告知方法をとり顧客創造ができる強い店づくりをし各店に波及させていきました。

グローバル情報、店舗施設への期待・人材・作業時間といった全ての資産項目に徹底的に着眼し、一つの塊として活用することが極めて重要でありこれが利益更新の鍵であると確信しています。

各企業におかれても、このような眠れる資産や潜在ノウハウはありそれを見つけ、体系化し中堅チェーンの本物のノウハウとして自社で活用できるコンサルティングを提供します。

即戦力メニューは用意してません!

当社では、こうすれば売れる、集客ができるなどの一過性の結果を全ての結果のように言う胡散臭い即戦力メニューは用意していません。

むしろ一見、手間がかかりそうで、他社が見向きもしないことを続けることによって変化が現れるものであったり、従業員の取り組み度合いが浸透しはじめた瞬間から意外な副産物が生まれ、結果が変わってくるといったノウハウの組み合わせになっています。

しかし、一旦、仕組みを作り上げ、動かすことによって、水車のごとく川の流れを別の力に変える力が働きつづけ、大地を豊かにする水を運ぶかのようになります。

どんなに素晴らしいノウハウであっても、定着しない要因の最大理由は、一気に展開しようとするからであり、これは十中八九失敗を招きます。

そのためにまずは、一店舗でその仕組みを作り上げ、テストをしまず動かすことが大切です。

そして、二店舗目に行くときは、本部をしっかり機能させて同じように大切につくりあげていきます。

チェーン経営の世界に限らず、経営の朝令暮改は必要であります。

しかし、ここだけは変えてはならない部分を決定し、まず一店舗で仕組みをつくり、徐々に店舗増やす方法を理解頂ける経営者の方にノウハウを提供させていただいております。

再度申し上げますが、レイブンコンサルディングが見据えているのは地域の一店舗一店舗を尊重し、最高のノウハウ提供を目指すことにより、チェーン店経営の豊かさと発展のために尽くすことを理念として掲げます。

そしてその結果、日本の明るい未来の一翼を担うことを夢とし、事業の目的としています。

チェーン店は地域のインフラではありますが、事業ですので 同質化した瞬間から衰退します。

本部として共通してもつべき強さと地域での独自性が尊重され初めて稼げる店舗づくりが実現できるといえますが、これは社長以外絶対に出来ない最も重要な仕事であります。

チェーン経営店舗で日本を繁盛させる。儲かる店舗集団をつくり地域を豊かにするため、最高を目指す情熱のある方との出会いを願ってやみません。

株式会社 レイブンコンサルティング
代表取締役